私のメモの魔力

私のメモの魔力
私のメモの魔力

こんにちは。ルフレボディアートのKUMIKOです。


昨年、話題になったビジネス書『メモの魔力』をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

今回はそのメモの魔力の内容とは離れるとは思いますが、私の経験に基づいてメモの魔力をお話していきたいと思います。



私は、昔から目標を掲げて計画を立てたりすることが好きで、よくテスト前になるとカレンダーの裏に予定表を細かく書いて貼っていました。貼ることで更にやる気も出て、気を抜くことがなくなるので、とても効果的だったように思います。


そうして、18歳頃からスケジュール帳を持つようになり、用途としては予定の記入と日記として主に使用していましたが、就職と同時にTo Doリストなどを徐々に書き込むようになりました。ここは、使命感と責任の為ですね。


そして、劇的にメモとして活用するようになっていったのは、10年程前に夢を持つようになってからです。


まず、スケジュール帳を購入し、年末に来年の目標を一つ明確に書き出し、その後定期的に実現したいこと、挑戦したいことなどを、仕事も生活もダイエットも精神的なことも含めあらゆることを羅列しました。


とても実現できそうにない『アメリカに行きたい』『英語がペラペラになる』などもw


しかし、書いているとだんだんランナーズハイのようになって、ペンが止まらなくなり、将来がとても明るく全て実現可能に思えてくるから不思議です。


そして、一年を終えて、そのスケジュール帳を見返してみると3割程の確率で叶っていたりするので、本当に驚きます。

中には、書いてから3年後に叶ったものから、3か月程で実現したものもありました。


書くことで、その夢や願望に向けて今どのように行動しどのような思考でいなければならないのか自然と見えてくるのだと思います。


叶ってきたものに関しては、叶うと信じる力が強く、アンテナも常に張っていたので、タイミングがわかり上手く乗れたように思います。





一方、未だに叶わないことはたくさんあります。


叶わない原因を5つ挙げると

・実現には時間がかかると思っている

・叶った時の自分の姿を思い描けていない

・不安がつきまとっている

・常識などの潜在意識が働いている

・後回しになっている


以上のことが原因だと考えています。



原因が見えているのだから、その逆の思考を持てば叶うということですね。

叶ってきたことは、見事にその逆の思考をしていました。


書くことで、考えがまとまり、それらを繰り返し目にすることで、モチベーションが保たれ、行動や気付きにつながる。


携帯のメモ機能を使用することも多くなりましたが、やはり手帳などに書き出した方が実現しやすく感じています。

自分の最初のアクションであり、自分事として認識しやすいのかもしれませんね。





書くことは何のお金も罪もありませんので、皆さんも自由にワクワク未来を創造しながら、夢や希望を書いてみてはいかがでしょうか。

あなたの夢か叶うことをお祈りしています。



最後までお読み頂きありがとうございました。